いつも心地よい状態でいられるといいですよね。

ところで、その ”心地よさ” って、どんなときに、どんなふうに感じるものでしょう?

”身体で知っていること” は、きっと、みなさんが思っている以上に多いのですよ。
一緒に「心地よさのもと」を探ってみましょう。

Rolfing® って?

地球上で生きていく上で、一生のおつきあいとなる「重力」と「身体」。その関係性に着目したボディワークです。米国の生化学者、アイダ・ロルフ博士 (1896-1979) によって創始されました。

主に筋膜 (*) と知覚に働きかけることによって、
構造的にも(=姿勢)、機能的にも(=動作)、重力を味方につけた身体を目指します。

といっても、「良い/悪い姿勢」「良い/悪い動作」といった判定をしたり、「正しい姿勢、動作」に矯正していくものでは
ありませんし、「治療」でもありません。

セッションを通して、「自分自身が心地よく在ることができる、姿勢や動作(>>結果的に、それは外からも美しく見えるのですが...)」を、「一緒に見つけていく、知っていく」という、クライアントとロルファーの共同作業です。

筋膜に働きかけることで、身体の必要以上に緊張した部分を緩めて、使われていなかった部分を目覚めさせて、可動域を広げます。

その身体で、呼吸の仕方、立ち方、腕の伸ばし方、歩き方、座り方...などなどを、いつものやりかたからちょっと変えてみて、「身体で知っている、心地よさ」を探っていきましょう。

クライアントの声は>> こちら より


*筋膜とはコラーゲンやエラスチンでできた、個々の筋肉や内蔵を包んでいるもので、なおかつそれらを互いにつなげるネットワークの役割も果たします。長年の身体の使い方のクセや、身体的、心理的なストレスから特定箇所に負荷がかかりすぎると、結合組織としての流動性や柔軟性が損なわれ、個々の筋肉が自由に動けない、ネットワークにも支障をきたすなど、重力に逆らった無理な姿勢、動作を強いられることにもなります。


具体的には以下のように、10回のセッションを進めていきます。

...その2へ続く。

[Rolfing ® は米国 The Rolf Institute ® の登録商標です]