いつも心地よい状態でいられるといいですよね。

ところで、その ”心地よさ” って、どんなときに、どんなふうに感じるものでしょう?

”身体で知っていること” は、きっと、みなさんが思っている以上に多いのですよ。
一緒に「心地よさのもと」を探ってみましょう。

8. H.M.さま(40代, 女性, 主婦)

ロルフィング®ベーシック10シリーズ

*[きっかけ][施術][感想][効果とその後][その他][これからロルフィングを受けてみようと思われる方へ][植草さんについて]と、7項目にわたって丁寧なご感想をいただきました。本当にありがとうございます。

[きっかけ]

もともと、かなり前からロルフィング®のことは本などで読んで知っていて、並々ならぬ興味はあったのですが、金額のこともあり、ずっと試すことはありませんでした。

特別ひどい腰痛など差し迫って目立った症状はなかったのですが、日頃からとにかく疲れやすく、子育てが一段落し、仕事をしようにもちゃんと続けられないのではないかという不安があったこと、また、歩くのが下手で遅く、一生懸命脚を動かしていてもずんずん後から来た人から抜かされていってしまって、もっと上手に身体を使うことはできないだろうかと思っており、これらが改善できればと思っておりました。

また、40代半ばになり、これからどんどん老いて病気や怪我のリスクが上がるなか、できればゆるやかに体力、筋力などを維持したいと思ったこと、肥満、病気の後遺症で顔面の動きが悪いことが多少よくなればと思っていました。また以前読んだ本では性格まで変わったり周りの環境まで変わるというようなことが書かれてあり、それについては期待と不安がありました。

[施 術]

最初、植草さんのホームページはスタイリッシュなのだけれどなんだかそっけなく、どうかな~と思ったのですが、とりあえず、一番家から近い植草さんのところへ言ってみようと予約を入れました。

迎えてくださった植草さんはTシャツ姿で、髪をすっきりとタイトにまとめ、薄化粧のきりりとした感じの方でした。でも笑うと、にゃは!という風にいっきにかわいくなってしまう方で、会ってお話ししてすぐに緊張がほぐれました。

セッションルームは、けっして広くはありませんがシンプルな部屋で、2面の窓からの風と、小さな美しい絵と、清潔なリネンのファブリックが気持ちのよいお部屋です。

セッションの前にはかなりの時間をかけて、どういうところを改善したいか、また2回目以降は、前回のセッションから現在までに、なにか身体の変化が感じられたかどうかを聞いてくださいます。

これは植草さんの施術に役立つだけでなく、受け手自身がしっかり自分の身体に意識を向けることが大切だからだそうです。もちろん、わからなくてもいいし、決まった正解はないのでそのときの正直な感覚を伝えるだけで大丈夫です。

施術は、私は面倒くさがりですので、女性同士だしと服だけ脱いで下着で受けていました。やや高いマッサージテーブルの上に乗り施術をしていただきます。最初、身体をマッサージテーブルに完全に預けるところから始めるのですが、これすらも最初はむずかしい!

けれど、どこを、どんな風に意識を向けるといいかを教えていただいて、そのとおりに意識を向けると、いつの間にかマッサージテーブルの上に完全に身体が沈んでいるので不思議です。セッション中は常に、自分が意識を向けたところはそのようになる、という経験を繰り返し味わいます。

ロルフィングは痛い、というのを聞いていて少し身構えていたのですが、私に関しては、あるセッションで猛烈に肋骨の脇の部分が痛かったことがあるだけで、(これも植草さんが圧を加えたためではなく、自分が取ったポーズに私の身体が反応したためです)、毎回、快適なマッサージを受けているようで、いつの間にかよだれを垂らしていたり、寝てしまっていたりしました。

ただ、施術中にも、「今の時点でどこか変化しましたか?」「ここはどう感じますか?」と聞かれます。その都度、自分の身体を探って観察するのですが、その観察する課程が大切であって、人によって全然違う感じ方をするのはよくあることなので、間違っていたらどうしようとか思わなくていいそうです。

率直に、「こうです」、とか「変化はあまり感じません」、とか、「むしろそこではなくここが!」とか、感じたとおり伝えれば、ちゃんと受け止めて、どうしてそうなのか説明してくださり、また必要なアプローチをすすめてくださいます。

本当に、丁寧に丁寧に身体を診てくださることにも感激するのですが、「今、ここはこういう感じですよね」と言い当てられることがしばしばあり、なんでわかるの!と驚くことがたびたびありました。また腰の部分をしてくださっているのに、のどの部分にいつもと違う感覚が・・・など、自分の身体の不思議な反応に驚くことがたくさんありました。

ですから私はよく「今、ここがこんな感じなんですけど」と施術中でもその都度伝えていました。セッションは、決して、決まった手順通りの一方通行のものではなく、双方向のもののようなので、あらっと思ったことは伝えた方が実りの多いセッションになると思います。

セッションが終わった後、マッサージテーブルからゆっくり降りて、立ってみたときの感じの感覚を伝えて、そしてそのあと歩きます。もう必ず、毎セッション何往復か歩きます。歩き始めてすぐ、ああ、もう昨日までの私とは違う!と違いがはっきり分かって感激することもあり、意識の向け方をアドバイスしていただいた後に変化を感じることもあります。

私の場合、初期のセッションでの変化が、それ以降と比較して、ものすごくわかりやすくて有頂天になった記憶があります。これは人によって違うと思います。

具体的には脚の付け根から下だけを使って歩いていたのが、しっかりと全身、とくに胴体部分をなめらかに動かして、胸から下は全部脚、の気持ちで歩けるようになりました。機能的、且つ、見た目にも美しく、以前の、四角い箱が一生懸命歩こうとしているような、不格好な歩き方からは、かなり変化したと思います。

施術が終わった後の、歩いたり、、また必要に応じて座ったりするときも、時間をかけて意識の向け方、身体の使い方、日頃の注意に関してのアドバイスなどをいただきます。

私なんて遠慮が無いものだから、あれも、これもと、長々質問攻めにしてしまうこともしばしばでした。その都度、打てば響くような解説をしていただき、すごい、この人はプロや、と感動したのですが、でも植草さん、いつも長々と本当にすみませんでした。

セッションの前後では写真を撮ります。これは任意なのですが、私は、私自身は恥ずかしくて見たくないけれど、植草さんが変化を確認し、次の施術プランの助けになればと思い、門外不出を条件に撮ってもらっていました。

[感 想]

セッションごとで、生まれ変わったかのような大きな変化が感じられるときもあれば、「ああ気持ちよかった、すっきりした」で終わることもあります。

かなり最後の方ですが、マッサージテーブルの上で、上半身だけうつぶせになるような姿勢でセッションを受けていたとき、まるで宙に浮いて星空を抱いているかのように感じられて、思わず声を上げてしまったことがありました。これは重力と身体が完全に釣り合っているのを体験したために起こったことだそうです。

また、私はカナヅチなのですが、たびたび海のなかを漂い、海面を海中から眺めているように体感することがありました。このような体感には個人差があるようですので、人によっては違う感じ方をする方や、あまり感じない方もいるかもしれません。

他にも、「お尻の筋肉を緊張させるのは、あまりよいことではない」など、今まで信じていた常識と違うことを教えていただきました。骨盤底と、そこから頭にまで立ち上る、身体の中のパイプを感じることなど、きっと施術を受けなければ一生気づくことはなかったでしょう。

また、セッションを通じて感じたのは、意識が身体をコントロールする力は、思っている以上にすごいということ、また、毎回身体を観察するうちに、毎日毎日フルオートマティックで、呼吸や血流や消化や新陳代謝など、黙々とこなしてくれている自分の身体に深い感謝と愛情を感じるようになりました。きちんと意識を向ければ、ちゃんと答えて動いてくれる自分の身体に、ありがたいと思えるようになりました。

生まれたときには、完全に重力と釣り合い自由だった身体が、生きていくうちに、いつ、どうしてかわからないけれど、固くなったり引きつれたりして、自由に動かなくなってしまって、「あそこが痛い、ここがしんどい」と、不平不満を並べるようになって、ますます固く不自由になってしまって・・・

ロルフィング®で、そのような部分を施術でリリースすることで、原因となったトラウマが回顧されて大きく感情が揺さぶられることもあるそうですが、私の場合は、特別大きな感情の変化はなく、「じわじわ涙が出るわ~なんでだか」ぐらいでありました。

[効果とその後]

まずは、安定して座れるようになったこと。長時間の電車移動の時など、お尻が落ち着かず、きちんと座ろうとして腰や腹筋に無理に力を入れたりして、「ちゃんと座るって、なんてしんどいのかしら」と思っていたのですが、座骨でしっかり安定して座れるようになってからは、身体のどこにも無理な力をかけることなく、背筋を伸ばして長時間座ることができるようになり、腰が痛くなることもなくなりました。

速く、長く、歩けるようになったこと。すいすいと、速く、疲れずに歩けます。自宅は駅から遠く、30分程度歩かなければ行けなくて、以前は「まだ着かない、ああしんどい」という、悲壮感漂う感じだったのが買い物や、子供の習い事の送り迎えなどで往復するのも平気になりました。

疲れにくくなりました。以前は、外出したりすると本当に疲れ果ててしまって、しばらく休んでからでないと、食事の支度など取りかかれなかったり、外食で済ましたりしていたのですが、そのようなことがなくなりました。

旅行から帰ってきて、以前なら、くたくたで後回しになっていたであろう、荷物を解いたり、洗濯したり、ということを、何気なくしているのに気づいたとき、「ああ、疲れにくい身体になったなあ」と実感しました。

姿勢が変わったこと。以前は、でっちり鳩胸、腰が反り身で、どっしりとした台形のような、でんとした立ち方だったのが、脚幅を狭めて重心を高い位置に持ってきて、長い時間立つことが出来るようになりました。ただ、首をすくめがち、肩が上がりがちなのは私の課題で、日々意識して、首を長く肩甲骨が下がるようにしています。

周囲が変わったこと。幸か不幸か、私自身の性格はあまり変わったように思わないのですが以前と比べて、周囲の方たちとの関係がよくなったように感じます。

私自身が疲れにくく、イライラしにくくなったせいかもしれませんが、それだけではないように感じます。家族や周りが、前にも増して優しくなり、他の方とリラックスして、長く、楽しく、一緒に過ごすことが増え、対人関係でストレスを感じることが減りました。

身体にも、心にも、粘りがでたように感じます。身体は、軸がしっかりしたのを感じ、エクササイズビデオなどが、以前より楽に、長く、安定したフォームで出来るようになりました。心にも、弾力というか、回復力がついたというか、仮に残念なことがあっても、以前ほど大きく落ち込んだり、卑下したりすることなく、気持ちを落ち着かせることが出来るようになりました。

[その他]

私は、かなり詰めて毎週のようにセッションを受けていて、経過時間が短いせいか、セッションが終わるまでの間は、人に指摘されるほどの大きな体型の変化はありませんでした。最中や直後に大きな変化が見られる人もいれば、数ヶ月、数年かけて変化していく人もいるそうなので、これからどんなふうに変化していくか楽しみです。

あとは、首に出来ていて気になっていたイボが、セッションの途中で消えてしまいました。また、肌の調子が、ものすごくよくなりました。シミが減り、前より顔色が明るくなりました。また、カラオケが大好きなのですが、安定して声がだせるようになりました。

[これからロルフィングを受けてみようと思われる方へ]

ロルフィング®は、自分の心と体のすばらしさに気づかせてくれて、筋膜リリースにより、いったん、生まれたときのようなニュートラルな身体に戻してくれる技術だと、私はそう理解しています。私自身、セッション中に驚きの体験をすることが多々あり、実際、その後の日々の生活でも、以前とは違う自分自身を感じられます。

私は、現在主婦ですが、以前はもちろん働いていましたし、武道が好きで武道経験があります。ただ、ものすごく疲れやすく、日常生活が本当に身体に応えました。武道をがんばれば勉強が出来ず、出張にでれば、次の日は身体が鉛のように重たく、人と同じようにがんばることが、とても大変に感じる自分に、なんて自分はダメなんだろう、と、辛く思うことが多かったです。

疲れ果てるほどがんばっているのに、何がいけないのか、人から辛く当たられることも多かったです。仕方が無いですね。首をすくめて、脚を引きずるように歩いている人間が、高く評価されるとは思いませんもの。それぐらい、見た目から受ける印象が他人に与えるものは大きいと思います。

出産後も疲れやすく、悪いと思いつつも、外遊びなどしてやる機会が少なかったので、子供にも大きな影響を与えていたかもしれません。私が、もし若い頃に、もし施術を受けられていて、美しい姿勢を維持できて、上手に疲れない身体の使い方を知っていれば、本当に人生が変わっていたかもしれない、とさえ思います。

毎日残業で、長い通勤時間もがんばっている方、仕事も家事もがんばっておられる主婦の方、スポーツや芸術をなさっておられる方、私なんかよりハードな毎日を送っておられる方はたくさんいらっしゃいます。日々の生活に、疲れや耐えがたさを感じておられる方はもちろん、そうでなくても、是非一度、ロルフィング®を体験して、楽な自分、よりいっそうパフォーマンスの上がった自分を感じていただけたらと思います。きっと日々がんばっておられる方ほど、この施術のすばらしさが、より体感出来ると思います。

ロルフィング®は高くて、10回で12万円ですが、月額1万円のフィットネスクラブに1年間、または1回2500円のクイックマッサージに月4回を1年間、と同額です。詰めて通えば3ヶ月、長くても半年で終了、しかも、人生に一度受けるだけでよくて、その効果は永続的で、自分の身体を見つめ、いくらでも向上させることができます。手かせ、足かせのない状態で、心も体もリラックスした状態でいられたら、自分の中で最高のパフォーマンスが生かせると思いませんか。

私は、自分の子供には、私のような辛い思いをさせたくないと思い、まだ小学生ですがロルフィング®を受けさせています。身体を観察して伝えることは、まだ、なかなかうまくいかないところはあります。姿勢も、意識しないと崩れてしまいます。ですが、まだ途中ですが、以前より疲れにくい身体になり、クラブ活動などに積極的に取り組めるように変化してきています。

現代のようなストレスフルな時代だからこそ、ぜひ興味のある方には施術を受けることを検討していただきたいと願っています。

[植草さんについて]

ホームページから、知的で飾り気のない率直な人であることはうかがえたのですが、「いったいどんな方だろう」と、プロフィールからあれこれ推測しながら訪れました。

まじめで熱心。プロ意識が高く、毎回毎回のセッションで、ここまでは持って行きたい、行けるはず、と明確にヴィジョンが見えていて、プランも事前にある程度準備してくださっています。

たった10回のセッションだけれど、こうして縁あって施術することになったからには、私の出せる限りの力、すべてを出し尽くしてお世話させていただきます、さあ、どんな自分になりたいか、話を聞かせてください、というのが伝わる感じで、もう本当に、毎回毎回熱心に話を聞いてくださり、共感し、理解しようとしてくださり、そのうえで施術をしてくださいました。ですから、受け手の方も、できるだけ明確に自分を分析して、困っている点、なりたい自分について、伝えた方が絶対いいです。

正直な方です。ロルフィング®でできること、できないこと。いかにロルフィングを受けても、怠惰に生きたいという人は、また怠惰な人にふさわしい姿勢に落ち着いてしまうということをはっきりと語られます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

*ロルファー注:
ちなみに、私自身は「いつも意志を強く、しっかりした姿勢で!」とも、「怠惰な生活はよくない」とも考えてはおらず、むしろ、「いつも楽ちんでいたいなあ」「なんとかもっと、楽な方法はないかなあ」くらいに思っています。

ただそれは、いつも寝転んでゴロゴロするということではなくて、最小限の力で立てる、座れる、歩けること。

現在の姿勢、身体は、これまでの生活の蓄積から生まれていて、さらに、その生活を自動的に繰り返し易いように日々進化しています。もし姿勢を変えたいなら、嬉しくない進化の連鎖は止めたいですよね。

一日24時間のうち、どんなふうに身体を使っている時間が多いでしょう?怠惰であることと、気持ちのよい/心地よいことは、おそらくちょっと違うはずなんです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私は、植草さんのまっすぐで一生懸命な人柄がうれしくて通い続けることになりましたが、なかにはもっと緩い感じがいいとか、できれば男性の方が、とか、いい人なのは間違いないけれど、なんか違う、とか感じる方がいるかもしれません。

実は、ロルフィングはまれに相性が合う、合わないがあるらしいので、それは植草さんも分かるし、そういう場合は、快く別のロルファーさんを紹介してくださるそうなのでご安心ください。

施術に熱心なだけでなく、いわゆるボディワーク全般の知識が豊富で私も武道の経験があったり、いろいろ本を読んでいたりで、あれこれ質問したのですが、いつも目から鱗の解説をしていただきました。きっとご自分の経験の中で、真摯に心や体を見つめて研究してこられたのだろうな、と感じました。

植草さんにお世話になれて、本当によかったと思っています。10回のセッションが終わったときの、うれしさ半分、もう受けられないんだ、との残念な気持ち半分の気持ちは、忘れることが出来ません。

短い間ではありましたが本当にありがとうございました。またこれからも折りにつけ宜しくお願い致します。