いつも心地よい状態でいられるといいですよね。

ところで、その ”心地よさ” って、どんなときに、どんなふうに感じるものでしょう?

”身体で知っていること” は、きっと、みなさんが思っている以上に多いのですよ。
一緒に「心地よさのもと」を探ってみましょう。

19. Y.T.さま(50代, 男性, 医師)

ロルフィング®ベーシック10シリーズ

写真を見て驚きました!あんなに変化していたんですね。(ロルファー注:写真はご本人にお送りしておりますが、HPには掲載していません)

自分としては、植草さんからの宿題を何となく禅問答のように感じながら、余裕がある時は「マントを引く感じ」とか「頭の上に懐中電灯があるつもりで」など意識しながら、しかし普段は意識する余裕もなく過ごしていました。

セッション自体はもちろん素晴らしかったのですが、それにしても生活全体から見ればわずかな時間ですし、自覚的にそれほど変わったという印象はなかったのです。にもかかわらず、あれほどの変化を引き出せるというのはすごいことです。身体にあれだけの変化を引き起こすことができるというのは、医者なんぞの比ではありません。

個人的には最終の第10セッションは非常に重要だったと思っています。第9セッションの段階で、自分ではそれなりにわかったつもりでいたことが、全然なっていなかったことに気付くことができました。もっとも今でも全然なっていないのかも知れませんが。身体感覚がまだ鈍いので、もっと鋭敏になってくれば体全体の改善の余地もまだまだあるような気がします。

最後に全10セッションの感想を聞かれた時に、言い忘れたことがあります。それは「全体を通して大変楽しかった」ということです。多少大げさかもしれませんが、一種の冒険のようでもありました。もともと自分の中にありながら、これまで触れたことのなかった座標軸に気付くきっかけになりました。

また何かの 折に、メンテナンスなど思い立った時に、ぜひお願いしたいと思います。ありがとうございました。