いつも心地よい状態でいられるといいですよね。

ところで、その ”心地よさ” って、どんなときに、どんなふうに感じるものでしょう?

”身体で知っていること” は、きっと、みなさんが思っている以上に多いのですよ。
一緒に「心地よさのもと」を探ってみましょう。

14. M.T.さま(38歳, 男性, 会社員)

クラニオ セイクラル セラピー x 3

[第1回目]

1)現在、気になっていることは何ですか?
  また、それを10段階の数値で表すと、どの程度でしょうか

 気になること         気になる度合い(セッション前 → セッション直後)

・腰の重さ                     4 → 3
・身体の柔軟性の低さ(今日、普段より硬い感じ)   3 → 3

2)セッションを受けたご感想

・セッション中は、眠りに入りそうな感覚でありながら、それでも意識はしっかりしていた。
・身体の内部の流れ(動き)を意識できた。
・中盤で、全身がビクッと反応した(植草注:このとき、クラニオリズムが変化しました)
 無意識であったがはっきり認識できた。
・終了直後は、深い眠りから急に目覚めたときのようなフワッとした感覚があった。


[第2回目]

1)現在、気になっていることは何ですか?
  また、それを10段階の数値で表すと、どの程度でしょうか

 気になること         気になる度合い(セッション前 → セッション直後)

・お腹がくだり気味         3 → 3
・眠気、だるさ           3 → 3

2)セッションを受けたご感想

セッション開始後、先ずは身体が波打つ感覚が少しあった。その後、全身が緊張した(力んでいる)ような感覚になった。とくに左足が顕著で、痺れに似た感じであった。そのため意識して脱力するように努力した。今回は2回目のセッションであり、自分の意識で(身体の反応を)過剰にコントロールしていたと思う。セッション後に立ち上がって歩き出した際、腰に痛みを少し感じたが、すぐに消えた。

(植草より補足:初回のセッション時は「クラニオがどのようなものかわからなかったので、とりあえず ”お任せ” というスタンスだったことと、ダンスで身体が良い具合に疲労していたこともあり、身体を委ねることがしやすかった」そうです。今回は、身体の微細な流れ/動きを自ら起こしてみようとされたそうですが、”コントロールしようとする” と、どうしても緊張や力みが生じます。"微細な動きに、(波乗りのように)乗っていく" という試みだと、また違った変化が生じる旨をお伝えしました。)


[第3回目]

1)現在、気になっていることは何ですか?
  また、それを10段階の数値で表すと、どの程度でしょうか

 気になること         気になる度合い(セッション前 → セッション直後)

・腰痛               2 → 2

2)セッションを受けたご感想

2回目と同様に、自らの意志を(身体に)意図的に向けてしまった。上半身が落ち着かず、とくに腕のポジションに意識が向いていた。首周りを触れられている時に一度、首がビクッと反応した。1回目と同様に無意識であったが、はっきりと認識できた(植草注:頭部頚部が位置を変えました)。また、足の方向へ意識を集中して向けていたら、両脚に痺れる感触が起きた。その際、足を持ち上げられていたが(植草注:両足のかかとをホールドしていました)、痺れる感じに身を委ねていたところ、足から(ホールドしていた)手が離れたときの感覚が無かった(足を下ろされた事に気づかなかった)。今回は2回目より深く落ちた感覚が残った。

(植草より補足:セッション後は、脚の痺れはなかったそうです。)